スマホの方はこちら

☆ パーソナルカラーについて・・・Q&A ☆

 

Q: パーソナルカラー診断で似合う色はわかったのですが、その他の色は使ってはいけないのですか?

A: いいえ・・・。そんなことはありません。
パーソナルカラー診断は、「この色でなければいけません」というものではなく、
お顔を綺麗に見せる色を上手く組み合わせて「色を利用する」ために行うものです。
ですから、あなたのパーソナルカラーに入っていない色でも、使うことは出来るのです。
当スタジオでは、使いたい色を、その方の個性を生かしながら上手く使う方法を、アドバイスしております。

 

Q: 好きな色と似合う色が違うって、本当ですか?

A: 好きな色は、その方の心や気分・好みによって決まりますが、
似合う色は、その方の生まれ持ったお顔の色と相性の良い色となりますので、
好きな色と似合う色が同じ場合もありますし、違う場合もあります。

 

Q: ブルーベースとイエローベースって、何ですか?

A: これは、パーソナルカラーを診断する際の「骨組み」となるものです。
人の肌は、一言で「肌色」と言っても、実は様々な肌色があります。
明るい肌色や濃い肌色・・・など。
その中で、ピンクみを帯びた涼しげな肌色を「ブルーベース」、
黄み(オレンジみ)を帯びた温かみのある肌色を「イエローベース」として、分類します。

 

Q: 人によって、赤が似合うとか青が似合うとか、そんな感じですか?

A: いいえ・・・。
実は、人の肌色と同様、赤にも青にも、ブルーベースとイエローベースがあり、
ブルーベースの方はブルーベースの赤と青、イエローベースの方はイエローベースの赤と青が良く似合います。
「赤」で説明しますと、涼しげな感じ(またはクールな感じ)の赤(ワインレッド)はブルーベース、
温かみのある赤(朱赤)はイエローベースとなります。
その他の色相も、ブルーベースとイエローベースに分けることが出来ます。
つまり、ご自分のベースと同じ色を合わせると、赤でも青でも、その他の色相でも、使うことが出来ます。

 

Q: パーソナルカラー診断では、似合う色だけを診断して頂くのでしょうか?

A: 当スタジオのパーソナルカラー診断では、
似合う色だけではなく、お一人お一人のお顔を綺麗に見せる「柄」の種類や大きさ、色合いの他、
お似合いになる「アクセサリー」のアドバイスもさせて頂きます。

また、現在お持ちのお洋服を、より、あなたの個性を生かして美しくカラーコーディネートする方法も、
アドバイスさせて頂きます。

 

Q: パーソナルカラーの講座は、どのような方が受講されていらっしゃるのですか?

A: OLさん・主婦の方、学生さんの他、
専門職として美容師さん・ブティックの店員さん・アパレル関係の方もいらっしゃいます。

 

Q: 実際にパーソナルカラーの講座を受講された後、
みなさん、どのようにして、知識を生かしていらっしゃるのでしょうか?

A: OLさん・主婦の方、学生さんなどは、
ご自身のお洋服やアクセサリーの組み合わせに生かしていらっしゃると共に、
新たにお買い物をする際に利用されていらっしゃいます。
また、+専門知識を学ばれ、
パーソナルカラーアナリストとして職業に就かれる方もいらっしゃいます。

すでに専門職の美容師さん・ブティックの店員さん・アパレル関係の方などは、
ご自身のお洋服やアクセサリーの組み合わせに生かしていらっしゃると共に、
職場でも、現在のお仕事に加えてパーソナルカラーの知識を生かし、より幅の広いお仕事をされていらっしゃいます。

 

☆   ☆   ☆

ご興味のある方は、メールにてご質問をお受けしています。

 

お申し込み・お問い合わせフォーム

メールお待ちしています。(*^^*)

 

素敵なあなたに出会えますように・・・。

by "Color Studio M"

 

パーソナルカラー・アナリスト養成講座 パーソナルカラー診断

パーソナルカラー診断例

「パーソナルカラー」について・・・

お客様の声

講師について

Color Studio M Q&A

色彩検定 パーソナルカラー カラーセラピー アートセラピー カウンセリング

inserted by FC2 system