スマホの方はこちら

☆ 自叙伝!?私のカラー&癒しの仕事の経緯 ☆

 

こんにちは。(^_^)/
ここでは、私が現在行っている「カラー&癒しの仕事」の「経緯」について、お話したいと思います。

今から約16年前、私が34歳の時、私は主婦をしていました。

当時は、主婦歴8年目でしたので、家事にも慣れ、毎日の生活はただ淡々と過ぎていました。

それはそれで、幸せだったのかもしれませんが、ただ繰り返しの毎日に、
「これでいいのかな?」と思い始めた時期でした。

そんなある日、ポストに一枚のダイレクトメールが届いていました。

それは、「色彩検定」の通信講座の案内でした。

「ん?色彩検定?それって何?」といった感じで、何もわからない私は、
そのダイレクトメールの中身を読んでみました。

「色彩検定」=「色やカラーコーディネートについての知識を検定するもの」 う〜〜〜ん。難しい!?

でも、カラフルなグラビアやイラストが施されたその内容に惹かれた私は、
いつもなら即ゴミ箱行きのダイレクトメールなのに、その時はなぜか気になり、
捨てずに大切に取っておきました。

それから数日。また相変わらずの日々が過ぎていました。

何気に、大切に取っていたダイレクトメールが目に留まり、もう一度開けてみました。

すると、カラフルな色がいっぱいのグラビアを見て、なぜか子供の頃の記憶が蘇りました。

「私、子供の頃、色鉛筆やクレヨンの色が揃っているのを見るの、好きだったなぁ・・・。」
「色を混ぜて、色が変わるのを見るの、好きだったなぁ・・・。」
「きれいな色の千代紙、友達と交換して集めたの、楽しかったな・・・。」

「よし、勉強してみよう!!!」そう思った私は、通信講座で勉強し、
半年後、色彩検定2・3級を合わせて取りました。

その後、同じく通信講座で1級も取得。

いつの間にか、カラーの魅力にはまっていました。

カラーを勉強する事で、格段に世界が変わりました。

空の色は青空から夕焼けになぜ変わるのか?
テレビは、なぜ、あんなにも沢山の色を再現できるのか?
絵の具の色は、混ぜるとなぜ変わるのか?

そんな日常当たり前な事が、カラーを勉強する事で「意味を持って」見えるようになりました。
そして、普通に生活していても、様々な発見があるようになりました。
それはきっと、カラーを勉強する事で、「物の見方」が変わったからかもしれません。
そしてこれは、私にとって、人生を変える(といっても過言ではない)大きな「一歩」となりました。

☆  ☆  ☆  ☆  ☆

「色彩検定1級取得」。
さて、これでゴールと思っていた私でしたが、いざ1級を取得してみると、
「これで終わりたくないなぁ・・・。」と思いました。

せっかく勉強した「色」。
検定を取りました。はい。そこで終わり!・・・は、なぜかイヤだったのです。

「この色の世界の面白さ、他の人にも伝えたい!!!」そう思いました。

そうして、自宅にて、色に興味がある方を対象に、「色彩検定対策講座」を開く事となりました。

☆  ☆  ☆  ☆  ☆

「色彩検定対策講座」の講師をしながらも、私は、「まだ、このままで終わりたくないなぁ・・・。」と思っていました。

「もっと”具体的に役立つもの”もやりたいなぁ・・・。」

突然ですが、私はネットで調べ物をするのが大好きです。
とある日、ネットで色々調べていると、「パーソナルカラー」というものに出会いました。

「パーソナルカラー? 何それ?」
そう。なぜか気になった私は、その説明を見てみました。

「あなたのお顔を美しく見せる色=パーソナルカラー」

「ん?顔を綺麗に見せてくれるカラー?色でどんな風に違うの?」と、モデルさんの写真を見ると、
あらら不思議。顔の下に合わせる色によって、顔色が明るく見えたり暗く見えたり・・・。

「面白い!!これ、やりたい!!」そう思った私は、
同じくネットで近くのパーソナルカラーを教えて下さる先生を見つけ、
即電話をし、すぐに「弟子」になったのでした。(^_^)/

パーソナルカラーって奥が深いのです。
沢山の色の中から、お客様のお顔を綺麗に見せる色、お客様の個性を引き立ててくれる色を、
理論の裏づけに沿って見つけるのです。
そして、似合う色を見つけた時の達成感&お客様の喜ばれる顔を拝見した時は、
「パーソナルカラーを勉強して本当に良かった〜!」と思いました。

そして無事、パーソナルカラーの資格=パーソナルカラーアナリスト の資格を取った私は、
パーソナルカラーのコンサルティング(パーソナルカラー診断)だけではなく、
私と同じように「パーソナルカラーを学びたい方・仕事にしたい方」対象に、
「パーソナルカラー・アナリスト」の養成講座も開くことにしました。

☆  ☆  ☆  ☆  ☆

「色彩検定対策講座」と「パーソナルカラー・アナリスト養成講座」のお仕事をしながら、
私は、あちこちのカルチャーにも足を運んでいました。

ある日、「色彩心理とカウンセリング」という興味引かれる講座名に惹かれ、
数回受講したある日の帰り、その講座の講師であるカウンセラーの先生に言葉を掛けられました。
「あなた。カウンセリングには興味は無い?向いていると思うけど・・・。」

えぇ===っ!\(◎o◎)/!

「いえ。その、興味はありますが、カウンセリングなんてそんな難しいのは私には・・・。」
そういう私に、先生は・・・
「うんうん。でもね!授業中のあなたの雰囲気、話を聞く態度、向いてると思うわよ〜〜〜!」と言われ、
「う〜〜〜ん。難しそうだけど、面白そうだなぁ・・・。」と思った私は、
「私でも、出来るでしょうか?」と訊きました。

「うん。もし、興味があったら、マンツーマンで指導できるけど、どう?」
「うぅ〜〜〜ん。気になるなぁ。すこし考えさせて下さい。」

そう言って、その日は「マンツーマン指導の講座案内」を手に、帰ったのでした。

その先生は、30年以上、スクールや企業でカウンセラーをしている、実力のある先生でした。
そして、今回のこのお話は、その先生にマンツーマンで指導して頂けるチャンスでもあったのです。

家に帰ってから数日間。
私は「講座案内」を見て考えました。

「せっかくのチャンスだもんなぁ・・・。というか、勉強したい!!!」

そこで、次のカルチャーの日、私は先生に「お願いします!」と申し込みをしたのでした。

その後、めでたく「心理カウンセラー」の認定を頂き、カラーの仕事と平行して、
「カウンセリング」の仕事も始めました。

☆  ☆  ☆  ☆  ☆

ところで、話は前後しますが、先述のカルチャーの授業中に、
カウンセラーの先生から、カウンセリングの中で使う「アートセラピー」という言葉を聞きました。

「ん? アートセラピー?」
そう。また私の「好奇心」がムクムクと沸いてきたのです。

そこで、先生に、「”アートセラピー”もカウンセリングと一緒に学びたい!」とお願いをしてみました。

しかし、「アートセラピーは、教えていないのよ。ごめんなさいね・・・。」といわれ、「残念!」。

でもでも、諦め切れなかった私は、またまたネットで検索。

大阪のアートセラピストの先生を見つけ、申し込みをして、またまた「弟子」になりました。

(というわけで、私には「師匠」が沢山います。(^_^;))

☆  ☆  ☆  ☆  ☆

「アートセラピー」とは、
「クレヨンや粘土などで自分を自由に表現する事で、心をすっきりさせるセラピー」の事です。
(広義では、ダンスセラピー・ミュージックセラピーなども含まれます。)

「アートセラピー」を学ぶ前は、
興味はあるけれど、「絵や造形物をつくるの・・・苦手だなぁ。」と、
ちょっぴり不安でした。

しかし、授業の楽しい事!!!

だって、クレヨンや絵の具でおもいっきり好きなように色を塗ったり重ねたり、
粘土をぐちゃぐちゃにしたり、貝殻やビーズなど、好きなものをくっつけていったり。

ほんと、「自分オリジナル」でいいのです。そして、どの作品も「認めてもらえる!」。
・・・これは、大きかったですね〜〜〜私にとって。(^_^)/

そう。周りに縛られないで、思い通りに作った作品(アート)は、
その人自身の内面も表しているため、
その作品を「認めてもらえる」という事は、
「ありのままの自分を認めてもらえる」経験にもなるのです。

実生活では、なかなか難しい事も、この授業では許される為、とっても開放感あふれる雰囲気&
自分らしさを発見できて、自分の事を大好きになれる、貴重な経験となりました。

「アートセラピーすごいやん!!」という訳で、またまたこちらも、お仕事にしたいと思いました。
そして、「アートセラピー」に加えて、「アートセラピスト」の養成講座も始めました。

人を癒すお仕事。
尊いと思いますし、もっともっと「心の元気な人」が増えて欲しい・・・と思ったからです。(^_^)/

☆  ☆  ☆  ☆  ☆

複数の講座をこなしていたある日、ある生徒さんが言いました。

「先生、カラーセラピーって、知ってます?」
「うぅ〜〜〜ん。クレヨンで色を塗るのなら知っているけど・・・でもこれは、アートセラピーになるしなぁ。」
「カラーボトルを選んで、心理状態を読み解いてセラピーするものです。」
「あぁ、オーラソーマとか・・・?」
「そうです〜〜〜!で、私、実はカラーセラピーの資格をこの前取ったんですけど、
もし良かったら、先生に体験して頂こうかと。少しお時間頂けませんか?」
「うん。少しなら大丈夫だけど・・・。」

すると、その生徒さんは、バッグから10本の綺麗なカラーボトルを取り出して並べ始めました。

「え?これ、オーラソーマみたいに(オーラソーマは100本以上のボトルを使います。)多くないのね?」
「そう。10本でセラピーします。”センセーション・カラーセラピー”って言います。(*^_^*)」
「ふぅ〜〜〜ん。10本で出来るのかぁ・・・。」

頭の中は、正直「10本で大丈夫なのか?」という疑問が渦巻いていた。>生徒さん、ごめんなさい。(^_^;)

しかし、いざ、カラーボトルを選んで話をしていくと、あれあれ不思議!
私の心の状態がするすると気持ちが良いくらいに明確になり、すっきりしてしまった。\(◎o◎)/!

そう。このカラーセラピーは、選んだボトルで「本質」「現在の状況」「未来のビジョン」がわかる。
占いではなく、色と心の関係「色彩心理学」の「カラーテスト」も関係している。
だから、「当たる」のではなく、自分の心理状態の色を本人が無意識に「選ぶ」こととなり、
結果、自分の心を明確に「色」としてみることが出来る(フィードバックできる)・・・というもの。

「面白いやん!!」

という事で、カラーセラピーを体験させてくれた生徒さんに感謝!!!

そして、この「センセーション・カラーセラピー」も後日、近くで教えている先生より指導を受け、
ティーチャーの資格を取ったのでした。

&「カラーセラピー」に加えて「カラーセラピスト」の養成講座も始めました。

☆  ☆  ☆  ☆  ☆

さて、ここまでで、私の「カラーの仕事」の道のりは、

「色彩検定」→「パーソナルカラー」→「カウンセリング」→「アートセラピー」→「カラーセラピー」と繋がってきました。
(現在は、セラピーつながりで「スピリチュアル系」も行っています。)

そして、仕事をしてきて思った事。

私は、本当に「カラー」が好きなんだなぁ・・・という事。
「カラー」を勉強していなかったら、こんなに色んな世界に出会わなかった事。
色んな人・・・先生や生徒さん・・・に出会わなかった事。
そして、「教えるのが好き」な事。「話すのが好き」な事。「人が好き」な事。
「人の心に触れる尊い体験」が出来る仕事を見つけられた事。
その事で、「人の暖かさ」に気づけた事。

全て、「カラー」が出発点だったんだな・・・と思います。

きっと、私が「カラー」に出会えた事は、「人生の大きな転機」だったのだと思います。

だから、「カラー」への思い入れも、いっそう強いのでしょうね・・・。

これからも、人の心に繋がる「暖かい仕事」をしていきたく思っています。

どうぞよろしくお願いします。(^_^)/



記:2008年1月28日
一部訂正:2016年1月9日



以下、追記

☆  ☆  ☆  ☆  ☆

最近、このHPを見ている生徒さんから良く訊かれる事。

「先生は、なぜいろんな事をやっているのですか?」

確かに・・・。(^_^;)

実は、私がいろんな事(カラーやセラピー、カウンセリングやスピリチュアル等)をやっているのには、
理由があります。

初めは「カラーの面白さをみんなに伝えたい!!!」・・・そういう思いで、この仕事を始めました。

でも、生徒さんを含め、いろんな方にお会いする中で、「心」も扱う必要があるな・・・と思いました。

当スタジオは基本、マンツーマンですから、いろんな方と、結構「濃い」お話をする事もあります。
プライバシーがありますので、具体的な内容は割愛しますが、
本当に、みんな悩んだり、考えたり、試行錯誤しながら頑張っているわけです。

そんな皆さんのサポートを少しでも出来ればいいな・・・。
少しでも元気に前を向いて歩いていけるようになって貰いたいな・・・。

そういう事で、カラーに加えて、セラピーやカウンセリングも資格を取り、勉強し、
始めるようになりました。

そして、2007年からは、スピリチュアル系も手がけるようになりました。

生徒さんの中には、「先生はどこに行こうとしているの・・・?」と思われる方もいらっしゃいますが、
「どこにも行きません。」(^_^;)

カラーは、ある程度理論でも説明が出来るものなのですが、
世の中には、理論で説明できない・・・つまり、科学では説明が出来ないものも存在します。
目に見えなくても存在するものや、影響を受けるものもあります。

これらは、行き過ぎると「オカルト」になりますが、私はそれを目指しているのではなく、
「目に見えないけれど、現実をしっかりと生きていく為に役立つもの」を取り扱っていこうと思っています。
>けっして怪しいものは取り扱っていません。(^_^;)

仕事の発端になったカラー(目に見えるもの)は、もともと人が感覚(視覚)で捉えるもの。
そして色は、心(目に見えないもの)と密接な関係があります。

加えて、人がどう行動するか?(目に見えるもの)も、「心(目に見えないもの)」が関係してきます。

心(目に見えないもの)の状態で「体(目に見えるもの)の状態」も変わってきます。その逆もしかり。

「目に見えるもの」と「目に見えないもの」は密接に関係しているので、
私は、これら両方を使って、
今後も、みなさんがもっとHAPPYに生きていけるお手伝いが出来れば・・・と思っています。

・・・という訳で、これからも、どうぞよろしく・・・です!(*^_^*)



追記:2008年5月18日



★おわりに★

最後までお読み頂きました皆様、心から感謝致します。有難うございました。(*^_^*)

by miwa

 

講師について

色彩検定 パーソナルカラー カラーセラピー アートセラピー カウンセリング

inserted by FC2 system